チョコラブ・黒ラブ専門ブリーダーMother Planet Kennelこだわり・・・
それは言葉では言い尽くせないほど沢山あります。

どうしても飼えなくなった時は当店が引き取ります。

ご購入の際、もちろん生涯飼育のお約束はさせて頂きます。
しかしどうしても手放さなければならなくなり、引き取り手も見つからない場合、当店に必ずご一報下さい。当店が引き取り、しっかりした里親を見つけるか、親犬と一緒に余生を過ごさせたいと思います。
またご高齢で、『どうしてもラブを飼いたい・・・・だけどもし自分達に万一のことがあったら残られた子が可哀想・・・』などの理由でどうしても1歩踏み込めない方もご安心下さい。そのような場合でも、当犬舎は喜んでお引き取りします。

スタッフがご自宅までお届けいたします。【有料サービス】

当店は新しい家族となられる仔犬を、お客様のお宅まで当店のスタッフがお送りいたします。(地方の方で、お届け範囲は本州に限る)
新しい家族となられる命です。荷物と同じように運ばれることに前々から疑問を持っておりました。
新しい御家族のお顔を拝見してお渡しする・・・またその子に対する質問にも、その場でお答え出来る。それこそが、その子、新しい御家族のためだと思うのです。''

十分な運動スペースを確保しております。

ラブラドールには十分な運動が必要です。Mother Planet Kennelには、十分な運動スペースがあります。
スタッフの間では牧場と呼ばれていますが、周りを田んぼに囲まれ、富士山臨み、清流が近くを流れる・・・そんな自然たっぷりな牧場で親犬達に十分な運動をさせております。地面が砂のため、足や関節に負担が掛からず、内臓強化、筋肉の発達にとても適した環境なのです。

オス犬、メス犬を自社で所有しております。

よく母犬は見せてくれても、父犬を見せてくれないところってありませんか?
それは、母犬は所有してるけど父犬は外部の犬で交配させているからなんです。
外部に血統がいいオス犬、外見がいいオス犬がいると、交配を頼んでその犬と、所有しているメス犬を交配させ、いい仔犬を産出する。
もちろん悪いことではないし、いい仔犬が生まれることはとてもいいことです。
だけど・・・その場で父犬が見れないって不安じゃありませんか?
写真で見ても何となくピンとこないし・・・
Mother Planet Kennelには、父犬もおります。※稀に血縁等の関係で、他の犬舎の雄犬と交配する場合もあります。
どんなに良血のチョコラブでも、どんなに外見がいい黒ラブでも、必ず当店で買い取り、世話をし、性格を把握して、その犬の子供を産ませます。

当店は乱繁殖はしません!

メスには発情期が1年に2回あります。計算から言えば、1年に2回仔犬が生まれる訳ですが、年2回の出産は、母犬にとても大きな負担となります。
そのまま人間の都合で、年2回の出産をさせてしまったら・・・
母体はボロボロ、生まれて来る仔犬にも何らかの影響が出る可能性大です!
Mother Planet Kennelは、どんなにいいペアで、どんなにいい仔犬が生まれるとしても、最低1年1回の出産を厳守しております。
母体の健康を考え、たとえ1年後であっても、母体の健康状態が不安定な時の出産は控えております!
健康な母犬からしか、健康な仔犬が生まれないのを知っているからです。

どんな時でも十分な運動をさせております。

これは凄く大切なことだと思うのです。
Mother Planet Kennelのチョコラブや黒ラブ達は、どんな天候の時でも、必ず牧場で運動をさせております。
しかし、だからこそ、心身ともに健康な犬達が育っていると思うのです。
生まれた子犬たちもそうです。
生後60日を過ぎてからは、無理のない程度に、天候がいい時には、牧場内で日光浴をさせながら遊ばせます。それにより、大型犬に必要な頑強な骨格の形成、また適度な運動量が確保され、ストレスを発散させ、兄弟喧嘩などにより犬社会を学び、外部の物音にも慣れ、お客様の家族となられた後も、物怖じしない落ち着いたラブラドールになれると思うのです''。

生後90日を経過した仔犬しか販売しません。

一般的に国内における購入時期は生後60日位がほとんどあり、社会化期の最中に購入するケースが多いはずです。 社会化期のスタートが3週齢ですから生後21日となり、終わりが約3ヶ月です。 この時期に親犬や兄弟と遊んだり、喧嘩したりしながら自然に学び、また人間から多くを学ぶことが、成犬になってから他の犬や人間と上手に付き合っていく能力を育成することになるのです。
Mother Planet Kennelでは、基本的に90日を経過してからお客様の家族として迎えて頂いております。
それまでは十分に運動させ、兄弟犬とも一緒に遊ばせ社会化期を過ごさせております。

またお客様より次のようなコメントを頂戴しております。

『生まれてから3か月間、平坦な広場で管理の許、毎日適度な自由遊びし、日光にあったったパピーは股関節形成不良を発症する確率が極めて低いのだそうです。ほとんどのブリーダーさんは、8週間(ひどいところは45日くらい)でパピーを手放すそうですが、生まれてから3か月をマザープラネットさんのような環境で育てていただくことは、パピーにとって健康な一生をプレゼントされたようなものだと思います。マザプラさんで過ごす3か月間は、間違いなくパピーにとっての素晴らしい贈り物の期間なのです。股関節形成不良は生まれつきの因子もありますが、生活環境や飼い主のケアによることが多いそうです。特に生後3か月までの過ごし方が大変大事であるそうです。』



a:2836 t:1 y:5